昔のソフトが動かない時の設定Windows7(FAQ・設定)


Windows7のFAQサイトです。Windows7のトラブルシューティングや設定方法などを紹介しています。


スポンサードリンク

Windows7非対応の古いソフトが動かないときの対処方法

WindowsXP やWindowsVista では動いていたのに
Windows7 ではインストールできない、または
Windows7 ではインストールできたけど起動できない、または
Windows7 ではインストールできたけどエラーが起きる、等々
古いソフトがWindows7 上では何かと問題が起きているときの
対処方法です。


【1】管理者権限で実行する
インストールできない場合は、Setup.exe を右クリックして
[管理者として実行]をクリックします。
管理者として実行の右クリック画面

起動できない場合、あるいは起動中に問題が起きる場合は
スタートメニューから[すべてのプログラム]をクリックし
インストールされたソフトを直接右クリックして
[管理者として実行]をクリックします。


【2】互換性モードを試す
1の方法でインストールした後や、無理やりインストールしたソフト
あるいは、インストールだけは無事できたけど
動作で問題が起きている場合には、インストールされたソフトを
スタートメニューから[すべてのプログラム]をクリックして表示し
ソフト名を右クリックして[互換性のトラブルシューティング]を
クリックします。
互換性のトラブルシューティングの右クリック画面

プログラムの互換性 という画面が表示されますので
[推奨設定を使用する]をクリックします。
プログラムの互換性画面で[推奨設定を使用する]をクリック

推奨の互換性モードが表示されますので、そのまま
その画面の左下にある[プログラムの開始]をクリックします。
推奨の互換性モードで[プログラムの開始]をクリック

ほとんどのソフトがこれで問題なく動作するはずです。
動作確認を行ったら、[次へ]をクリックします。
動作に問題があった場合には、次の画面にて
[いいえ、別の設定で、もう一度やり直します]をクリックし
別の動作環境を選び再テストしてください。
問題なく動作するようであれば
[はい、このプログラムのこの設定を保存します]をクリックします。
※設定が保存された後は、推奨設定で勝手に動作しますので
 ユーザー側で都度互換性モードを指定する必要はありません。


【3】WindowsXP mode を使う
2の互換性のトラブルシューティングでどんな設定を選んでも
問題が起きて正常に動作しない場合には、
WindowsXP mode で、XP環境を起動し、そこへソフトをインストールします。
WindowsXP mode がパソコンにインストールされていない場合には
先に、WindowsXP mode をインストールしてください。
WindowsXP mode のインストール方法はこちらのページです。

※Windows7 Professional 以上でのみXP mode は使えます。
 Home Premium の人や、Starter Edition の人は、AnytimeUpgrade を
 使うことにより、Windows7 Professional に変更することが可能です。
 →AnytimeUpgrade はこちらから購入できます。


【4】ソフトをバージョンアップする
1,2,3全てを試しても、どうしてもうまく動作しない場合には
あきらめて、そのソフトのWindows7 対応バージョンにアップグレードしましょう。
企業レベルで独自にソフトウェアを作成してもらっている場合には
Windows7 に対応してもらうように依頼してください。(高いでしょうけど)
これを機に別のソフトウェアを試すというのも手です。
フリーソフトでも驚きの高性能なものが出回っている時代ですので
窓の杜やベクターなどで探してみるのも良いかもしれません。
ただし、フリー・シェア・パッケージに限らず
ソフトのインストールしすぎは、OS が不安定になる要素なので
むやみやたらとインストールするべきではありません。
なるべく厳選し、使わないソフトならばアンインストールするなど
きちんとしたメンテナンスを心がけてください。



スポンサードリンク