自動再起動させない設定Windows7(FAQ・設定)


Windows7のFAQサイトです。Windows7のトラブルシューティングや設定方法などを紹介しています。


スポンサードリンク

自動再起動させない設定

Windows7 では、標準でWindowsUpdate が自動インストールするような
設定になっています。
基本的にこれが推奨ですが、パソコンを常時つけているようなユーザーの場合
しばらく離席した際に勝手に再起動してしまい、作業中のデータが
失われることがあります。
WindowsUpdate による自動再起動を手動にしたい場合は
以下の方法で設定を行ってください。


◆インストールはするが再起動は手動でしたい場合◆(Home Edition以下は設定不可)
1.[スタート]ボタンを押し、「プログラムとファイルの検索」フィールドに
 gpedit.msc
 と入力し、Enter を押します。

ローカルコンピューターポリシーの開き方の画像

2.ローカルコンピューターポリシーのウィンドウが開くので
 [管理用テンプレート]-[Windows コンポーネント]-[Windows Update]と
 クリックします。

ローカルコンピュータポリシーよりWindowsUpdateの設定を行う画面

3.右側の画面より「スケジュールされた自動更新のインストールで、
 ログオンしている ユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」を
 ダブルクリックします。

4.[有効]をクリックして、[適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

※有効にすることにより、ログオフしない限りはWindowsUpdate による
 自動再起動は行われず、再起動が必要であることを通知されるのみになります。
※セキュリティの問題がありますので、再起動が必要であることがわかり次第
 作業中のファイルは保存して、速やかに再起動を行ったほうが良いでしょう。


◆ダウンロードはするがインストールは手動でしたい場合◆
1.[スタート]-[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]
 とクリックし、Windows Updateの項目より[自動更新の有効化または無効化]を
 クリックします。

2.重要な更新プログラムの項目よりプルダウンメニューをクリックして
 [更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する]を
 選択して、[OK]をクリックします。

※セキュリティの問題がありますので、重要な更新プログラムがあることがわかり次第
 作業中のファイルは保存して、速やかにWindowsUpdate を行ったほうが良いでしょう。



スポンサードリンク