隠しフォルダーを表示する設定Windows7(FAQ・設定)


Windows7のFAQサイトです。Windows7のトラブルシューティングや設定方法などを紹介しています。


スポンサードリンク

隠しフォルダーを表示する設定

Windows では標準でシステムフォルダなどの隠しフォルダーは
表示されないように設定されています。
これらの隠しフォルダーや隠しファイルを表示させるようにするには
次の手順で設定を行ってください。


◇隠しフォルダーを表示する設定

1.[スタート]-[コンピューター]とクリックし、キーボードの
 Alt キーを押して、[ツール]-[フォルダーオプション]と
 クリックします。

2.フォルダーオプションウィンドウが開いたら、[表示]タブを
 クリックして、詳細設定の項目より[ファイルとフォルダーの表示]の
 [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]の
 ダイアログをオンにして[適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]をオンにする


※隠しファイル・フォルダー・ドライブを、隠したい場合には
 「表示しない」のダイアログをオンにします。
※オペレーティングシステムファイルも表示したい場合には
 [保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない]の
 チェックを外します。



スポンサードリンク