クライアントPCからリモート接続するときの設定Windows7(FAQ・設定)


Windows7のFAQサイトです。Windows7のトラブルシューティングや設定方法などを紹介しています。


スポンサードリンク

クライアントPCからリモート接続するときの設定

クライアントPC(メインPC ではない他のPC)から
リモートデスクトップ接続する場合、同一のネットワーク内であれば
さほど難しい設定は必要なく、ログインIDとパスワードさえ
間違えなければリモートデスクトップ接続できます。

※リモート コンピュータには、お使いのコンピュータでサポートされていないネットワーク レベルの認証が必要です。
 と、表示される場合には、リモートデスクトップのセキュリティレベルを
 [リモートデスクトップを実行しているコンピューターからの接続を許可する]
 に、変更すれば接続が可能になることがあります。
※セキュリティレベルを変更してもなお接続できない場合には
 ファイヤーウォールでポート3386 が通過できないように設定されていないか
 ご確認ください。


インターネット経由でリモートデスクトップ接続をするには
高度な設定が必要です。
ご利用のルーターやインターネット回線などにより設定が異なりますので
ポイントだけご案内します。

◆インターネット経由でのリモートデスクトップ接続方法
1.リモートされるメインPC でリモート接続を許可する設定を行います。

2.メインPC のローカルIP アドレスを固定し、ルーターのDHCP サーバーから
 自動的に割り振られないようにします。

3.ルーターの管理画面に接続して、ポート3386 にアクセスがあった場合に
 メインPC のローカルIP アドレスにアクセスするように設定を行います。

4.グローバルIP アドレスを確認して、クライアントPC から
 グローバルIP アドレスにリモートデスクトップ接続を試みます。


※一般的にご家庭で使用されているインターネット接続は
 動的なグローバルIP アドレスとなるため、ある程度の時間により
 その値が自動的に変更されます。
※動的なIP アドレスでも、常に同じ設定で接続できるようにするには
 DDNS(ダイナミックDNS)の設定を行えば、DDNS専用のドメインで
 リモートデスクトップ接続ができるようになりますが
 ドメインの取得やDDNS の設定などさらに高度な設定が必要になります。



スポンサードリンク