リモートデスクトップを有効にする設定方法Windows7(FAQ・設定)


Windows7のFAQサイトです。Windows7のトラブルシューティングや設定方法などを紹介しています。


スポンサードリンク

リモートデスクトップを有効にする設定方法

ネットワークに参加しているWindows7 パソコンに
リモート接続を行い、他のパソコンから
リモートデスクトップを実行するための設定です。


1.リモート接続される側のWindows7 パソコンで
 [スタート]-[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-
 システムの項目より[リモートアクセスの許可]をクリックします。

システムのプロパティよりリモートタブの画面

2.システムのプロパティのウィンドウ、リモートタブが
 開かれているので
 [ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行して
 いるコンピューターからのみ接続を許可する]
 のラジオボタンをオンにして[適用]をクリックし
 [OK]をクリックします。


※リモート接続される側のWindows7 パソコンでメインに使っている
 ユーザー名とパスワードでもログオンできますが
 セキュリティなどの理由により、メインのユーザーアカウントを
 使いたくない場合には、別途リモート接続用のアカウントを作成してください。

WindowsXP やWindowsVista、Windows7 でリモート接続したいときは
リモートデスクトップを起動して、ユーザー名とパスワードを
入力してください。
例えば、Windows Vista のパソコンからリモート接続する場合は
[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[リモートデスクトップ接続]と
クリックして、アカウント名とパスワードを入力し、ログオンします。

リモート接続中はネットワークを通じてデータのやり取りを行うため
パソコンの性能に関わらず、ネットワークの通信速度により
接続中の反応速度が変わります。



スポンサードリンク