Windows7(FAQ・設定)


スタートメニューの電源ボタンの既定の動作を変更する設定

画面左下のスタートボタンをクリックすると表示される
スタートメニューには標準では「シャットダウン」と
書かれたボタンがあります。
Windows7 上ではこれを電源ボタンを呼んでいるのですが
これをシャットダウンではなく、スリープや、ログオフ、ロックなどに
変更することができます。
もちろん、右側にある矢印ボタンをクリックすれば、様々な
いずれも選択することができますので、シャットダウンできなくなるという
わけではありません。


■スタートメニューの電源ボタンの既定の動作を変更する設定■
1.パソコンを起動し、画面下のタスクバーを右クリックして
 [プロパティ]をクリックします。
タスクバーを右クリックしてプロパティをクリック

2.「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」の画面が表示されるので
 [スタート]メニュータブをクリックします。

3.[電源ボタンの操作]のプルダウンメニューから既定の動作にしたい
 終了オプションを選択して[適用]をクリックし、[OK]をクリックします。


毎日パソコンを常時使用しており、作業中のファイルがいくつもある場合など
特に不具合でも出ないかぎりはスリープを使ったほうが電源の復旧が早いので
スリープを多用する方も多いと思います。
既定の終了オプションをスリープにしておけば、2クリックでスリープになるので
ちょっとだけ楽になりますね。
※スリープへの移行やスリープからの復帰にトラブルが発生したり、通常起動終了よりも
 時間がかかるような方は無理しないで、普通にシャットダウンを使ってください。

なお、Windows7 上ではスタートメニューの終了ボタンも電源ボタンと呼んでいるのですが
パソコン本体の電源ボタンとはまた異なりますのでご注意ください。
パソコン本体の電源ボタンを押したときの挙動を変更したい場合には
姉妹サイトに紹介しておりますのでこちらのリンクから設定方法をご確認ください。

電源ボタンをシャットダウンにしない方法-Windows7の使い方

スポンサードリンク


エクスプローラーのライブラリに表示させる項目を非表示にする設定

エクスプローラーを表示させると、左側の画面に「お気に入り」や
「ライブラリ」や、「ホームグループ」や、「コンピューター」や
「ネットワーク」などが一覧で表示されます。
ライブラリはWindows7 から採用された機能で、概念さえわかれば
非常に使いやすい機能なのですが、とにかく左側に表示される項目が
増えてしまったので、普段から頻繁に表示しないライブラリなどは
項目そのものを非表示にするとすっきりとします。


■エクスプローラーのライブラリに表示させる項目を非表示にする設定■
1.[スタート]-[コンピューター]とクリックし、エクスプローラーを
 表示します。

2.ライブラリの非表示にしたい項目を右クリックし(例えばミュージックなど)
 [ナビゲーションウィンドウ]に表示しないをクリックします。
ナビゲーションウィンドウに表示しないを選択

3.左側の「ライブラリ」をクリックして、項目が非表示になり
 ライブラリの中身そのものは消えていないことが確認できれば設定完了です。
ミュージックの項目は非表示になったが右側のライブラリにはきちんとミュージックライブラリが存在する


ドキュメント、ピクチャ、ビデオも同様に項目を非表示にすることができます。
主に事務などで使われている場合には、ビデオやミュージックなどは
表示されててもクリックすることはほとんどありませんから
非表示にしてしまったほうがすっきりすると思います。
逆に、画像編集や動画編集などをメインにパソコンを使用している人の場合
ドキュメントやミュージックをクリックすることは少ないと思いますし
ミュージックに関しては根本的にお気に入りの音楽プレーヤーソフトで
再生する人のほうがほとんどですから、表示させる意味もあまりないかもしれません。

いずれにせよ、左側のライブラリの項目から非表示になるだけで、ライブラリそのものは
きちんと管理されてますのでご安心ください。

スポンサードリンク